私がレッツねんど!というコンテンツを始めようと思った理由

「粘土遊びの楽しさを、もっとたくさんの人に知ってもらいたい」

そう思うようになったのはつい最近のこと。

独学で粘土作品をつくり始めて今年で9年目。これまでは粘土作家として“自身の作品のクオリティを高める“ことと“作品を販売する”ということだけにひたすら情熱を注いできました。

食べられないクレームブリュレ

【いきなりこのページに飛んできた方へ→プロフィール


よりよい作品を制作して、販売して、購入してくださったお客さまに喜んでもらう。それが作家として私にできることのすべてだと思っていました。

そしていつか自分自身が心から納得できる作品を作れたら、それがきっとゴール。そんな理想をぼんやりと抱きながら頑張ってきました。

――そう、あることを経験するまでは。

きっかけ:Twitterでめっちゃバズった

フルーツも薔薇も、ひとつひとつ手作業で作っています

いや、唐突に下品な感じを出してすみません。本当にすみません。とりあえずきいてください。お願いします。

バズったんですよ。作品が。しかも何回も。

で、そういうのをきっかけに、ネットニュースとか報道番組で取り上げていただいて、そこから更にLINEニュースとかyahoo!ニュースに載っちゃったりなんかしちゃったりして。へへ。

スーパー調子乗りタイム

後半ちゃんと真面目なこと書くから待って。とりあえず見ていって。

絶望納豆
ストロッコリー
これはこの痛い文章ありき
こむぎ粘土に初チャレンジ
みにりんご
初めてyahoo!ニュースに載って嬉しかった思い出
アベプラで一瞬紹介してもらったり

ありがとうございました。ひととおり自慢できて満足です。真面目なお話に戻ります。

粘土に興味を抱いてもらえる喜びを知った

このような経験を経ていくうちに気がついたんです。

私の作品を見て!っていう気持ちと同程度かそれ以上に、

「粘土細工ってすごいでしょ!粘土ってめちゃくちゃポテンシャル高い素材でしょ!!」っていう気持ちが自分の中で芽生えていたことに。

そしてそのタイミングで、新米作家さんやこれから粘土を始めたいという方から数々のご相談をいただくようになりました。

  • 粘土って種類が多すぎて何から始めたらいいか分からない
  • なかなか技術が上達しない
  • 着色が難しい
  • 粘土がすぐにひび割れてしまう
  • いつか販売してみたいけど自信がない

などなどなどなど。

え、超わかるその気持ち~~~~~!私もおなじ悩み持ってた~~~~~!!!!!

冒頭でも述べたとおり、私は9年間独学で技術を磨いてきました。ですが軌道に乗り始めたのはつい最近のこと。ようやく人から見向きしてもらえるまでに、7年近く期間を要しました。

誰からも習わないということは自分自身の頭をフル回転して試行錯誤ができるという大きなメリットがありますが、反対に、ある程度のコツを掴んだり知識を得られるようになるまでに時間が超かかるし死ぬほど失敗しまくるというデメリットもあります。まぁ基本的に体当たりで学んでいくことになるからね。

つまり何が言いたいかっていうと、粘土遊びってめちゃくちゃ自由度が高くて楽しいのに、もっともっと粘土仲間が増えてほしいのに、いろいろと謎が多いせいで上達して本格的に楽しくなってくる前に心が折れて辞めてしまう人が多くて悲しいのよ……ってことです。

そんなわけで、レッツねんど!

ということで作ったのがレッツねんど!おそらく不定期更新になりますが、次回から本格的に始動させていきます。

私もいち粘土作家として販売をメインに活動している身なので、むやみやたらと手の内を明かしまくるつもりはありません。人気作品のレシピとかね、そういうのは聞かれても絶対教えられないけれど。

でも、素材に関する知識だったり粘土の扱い方だったりちょっとした作り方のコツだったり、自分が初心者のころに知りたかったいろんなことを、記事や動画でお教えできたらいいなと思います。

\シェアしてあげる/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です